製品紹介

「ラブレ」シリーズは、
ナノ型ラブレ菌で、さらに進化を続ける。

信和薬品は、ナノ化技術を用いた『ナノ型ラブレ菌』の「免疫賦活剤」としての特許を取得しており、今後、様々な製品への応用が可能となっています。固形、液状等の形態を選ばないため、保健、健康維持・増進等を目的とした健康食品への利用や、ローションや乳液、クリームをはじめとする化粧品や医薬部外品への利用が期待できます。

ラブレ菌は1990年初頭に、故岸田綱太郎博士が伝統的な京漬物「すぐき漬」より分離、発見した植物性乳酸菌で免疫助長剤です。ナノ型ラブレ菌はこのラブレ菌をナノ化した乳酸菌で、当社は2012 年に国際特許を出願。既にEPC(ヨーロッパ)、ユーラシアにおいても製造特許と共に「免疫賦活剤」としての特許を取得しています。(特許第 5257363 号、特許第 5751219 号)

ラブレ菌「ナノ化」に関する報道資料を読む (信和薬品)

受託製造に柔軟に対応

信和薬品では、さまざまなメーカーさまの健康食品・補助食品の受託製造に柔軟に対応しています。
多様な剤形ニーズに対応した製造環境を整え、品質管理、納期対応へのご要望に確実にお応えしています。